晴山雨読記 Vol2

沢登り、雪山、時々山登りの備忘録

塩見岳 雪の南アルプスに挑戦① 2017.03.18

イメージ 13

林道歩きはつらいよ


<メンバー>

<山域、形態>
南アルプス ハイキング

<コース>
林道ゲート(735)~大鹿登山口(10:35)三伏峠小屋(16:30)

<天気>
晴れ

 今年の積雪期登山の集大成は南アルプスにテント泊で挑戦しようと考えていた。天候のせいもあり思うようなトレーニング山行は出来なかったが、北アルプスに比べ天候は安定し、年末年始の記録を見る限り難易度もそれほどでは無さそうなので決行に移す。ただ、今回のような3月に歩いている記録が少ないのが気になる。

 大鹿村の林道ゲートには先行の車が1台。これはトレースが期待できるかも?とほくそ笑みながら準備をする。雪山テント泊装備に食料でザックはパンパンだ。

イメージ 1
ザックがでかい

 ゲートを越えて歩き出す。林道の雪は日陰に残っている程度。舗装路を冬靴で歩くのは疲れる。

イメージ 2
ゲートを越えてスタート

 林道をぽくぽくと2時間ほど歩くと第2ゲート。夏にはここからバスが出るらしい。この辺りまで来ると雪が少し増えて来るが少し歩くのに飽きて来た。

イメージ 3
第2ゲート

イメージ 4
そろそろ疲れてきたかも

 それでも林道から見える南アルプスの山々を眺めながら歩いていくとちょうど3時間で三伏峠への登山口に到着。ここまでは予定どおり、順調だ。

イメージ 5
景色に励まされながら歩く

イメージ 6
大鹿登山口に到着

 さあここからが本番。小休止をし、気合を入れて登山道を歩き始める。効率を良くする為アイゼン装着する。急登に重荷が堪える。

イメージ 7
登りがきつい

 豊口山との鞍部を超えると道は延々とトラバースになる。幸いトレースがあるのでラッセルになる事は無いが、時々ズボっと沈み込む。

イメージ 8
トラバース

イメージ 9
油断しているとズボッ

イメージ 10
休憩もこんな感じで

 重い荷物と重い雪にみんなヘロヘロ。三伏峠への最後の登りは登山道の1本手前の尾根をこれでもかって言う位の急登。尾根に出た時にはあの屈強なFFさんがバテあがっていた。

 三伏峠には16時半に到着。ここから少しでも進んでおくと明日が楽になるがみんなの疲労が気になる(初日は寝不足もあるし)。

イメージ 11
三伏峠小屋

 三伏峠小屋の冬期小屋は先客がいたものの、我々が入るスペースは空いていたのでテントを張るのはやめて冬期小屋泊に決定。うーん、弥山八経に続きここでも楽な方を選んでしまった。

イメージ 12
冬期小屋 お世話になります

 小屋の先客は4人パーティーと単独の男性、奥の8人部屋を使わせてもらい、さっそく鍋で体を温める。明日は長丁場になるので体を休息させないといけないが、夜中にトイレに行くときの扉の開閉がうるさくて熟睡できなかった。うーん、どうなる事やら。

つづく