晴山雨読記 Vol2

沢登り、雪山、時々山登りの備忘録

本沢温泉から硫黄岳、天狗岳 2017.01.07-08

イメージ 1

 いい湯かな?


<メンバー> サークル 8人

<山域、形態> 八ヶ岳 ハイキング

<コース> 1月7日:稲子湯(8:05)~しらび小屋(9:45)~本沢温泉(11:20~12:30)
        ~夏沢峠(13:30)~硫黄岳(14:55)~夏沢峠(14:40)
        ~本沢温泉(16:45)

     1月8日:本沢温泉(7:20)~夏沢峠(8:40)~根石岳(9:50)
        ~東天狗岳(10:45)~中山峠(11:30)~しらびそ小屋(12:45)
        ~稲子湯(14:15)


<天候> 曇り

 ここ数年、この時期は八ヶ岳に小屋泊で出かけていたが今年はテント泊をしたいと考えた。普通に行者小屋や赤岳鉱泉に泊まったのではいつもと同じと思い、本沢温泉にテントを張って東側からアプローチする事にした。

 稲子湯から樹林帯をテクテク歩くとすぐにシラビソ小屋。女子が好みそうなかわいい小屋だ。おまけにリスまで飛び出してきてますます女子好みに。メンバーもキャーキャー言っている。今度Uちゃんと来るのもいいなあと思った。

イメージ 2
樹林の中を進む

イメージ 3
シラビソ小屋

イメージ 4
ミドリ池

 雪は少なく、本沢温泉にはすぐに到着してしまった。テントも整地いらず、普通の地面に張るのと一緒だったので何だか拍子抜け。

イメージ 5
カチカチ

イメージ 6
あっさりテント設営

 小屋泊組が受付をしている間に温泉チェック。ここはお風呂(温泉)がある山小屋なのだ。山小屋とは思えない程の立派な作りに感心。またまたUちゃんと来たくなってしまった。

イメージ 7
大きな小屋だ

イメージ 8
ここはお風呂がある

 泊まりの準備が出来たら硫黄岳を目指す。夏沢峠からは展望が広がるが雪が少なくがっかり。天気は最高なのに勿体ないなあ。

イメージ 9
日本最高所露天風呂(の看板)

イメージ 10
夏沢峠

イメージ 11
硫黄岳へとりつく

イメージ 12
岩が露出している

イメージ 13
背後に天狗岳

イメージ 14
爆裂火口が見える

イメージ 15
天気は最高

イメージ 16
影が長い

イメージ 17
硫黄岳

イメージ 18
集合写真

 頂上で景色を楽しんだら小屋に戻る。温泉好きの女子たちは露天風呂に興味深々だがこの寒さでは入る勇気は無いみたい。温度を確かめたり足湯を温めたり。何だか未練たっぷりの様子。

イメージ 19
温泉入り口

イメージ 20
湯加減を確かめる

イメージ 21
こっそり足だけ

 それでも夜は小屋の食事時間を狙って内湯の石楠花の湯に入る。熱めのお湯はとても気持ちよかった。またまたUちゃんと来たくなったなあ。


<2日目>

 夜も全然寒く無かったので雪山テント泊の訓練としてはとても緩いものになってしまった。今日は天気は下り坂だが天狗岳を目指す。またここに戻って来るのは面倒なのでテントを撤収し、再び夏沢峠を目指す。

イメージ 22
小屋の前で記念撮影

 夏沢峠を昨日とは逆方向に進む。これまた雪の無い根石岳に到着。硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳南八ヶ岳の名峰がそろい踏みだがどんどん鼠色に変わる空も相まって少し寂しい。

イメージ 23
相変わらず雪は無い

イメージ 24
硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳

 それでも天狗岳はたくさんの人で賑わっていた。天狗岳で集合写真を撮ったら後は中山峠からしらびそ小屋、稲子湯へと戻る。車に着いた時には雪が本降りになって来た。

イメージ 25

イメージ 26
硫黄岳

イメージ 27
集合写真

 雪不足の冬山はやはり何か物足りない。温泉は気持ち良かったけどやっぱり八ヶ岳は雪がなくっちゃ。今年はどうなるのかな~(なんて言ってたら翌週ドカ雪が降りました・・)

 参加の皆さんありがとうござました。