晴山雨読記 Vol2

沢登り、雪山、時々山登りの備忘録

御嶽山 なごり雪スキーデビュー 2008.06.01

f:id:ikuyayuuki:20201128082017j:plain

キマッテル?


<メンバー>

山仲間

 

<山域>

 

<コース>
中の湯-黒沢口8合目-剣ヶ峰‐二の池分岐‐御嶽ロープウェイスキー場

 

 梅雨入り間近の6月最初の日曜日、沢に行こうかそれとも花を見に行こうかいろいろ迷ったが、そろそろ高い山にも慣れておこうと思い立ち、御嶽山に行く事に。同行のBやんは山スキーの達人で、今回も板を持って行くという。それなら私もすでにシーズン終いになっていたスキーベンチャーを持って行こう。運が良ければあきらめていた山スキーデビューができるかも?

 

 朝、7時に黒沢口の中の湯前に車を停め、身支度をする。さすがになれないスキー靴で雪の無い登山道を歩く根性はないので、登山靴を履き、スキーとスキー靴をザックで担ぐといういささか反則気味のスタイルでスタート。

 

 7合目までは整備された木の階段を黙々と歩く。寝不足のせいかペースが上がらないが、なんとかほぼコースタイムで7合目に。覚明行者小屋辺りまで来ると雪がいっぱい残っていた。

 

f:id:ikuyayuuki:20201128081842j:plain

覚明行者の小屋 雪がいっぱい


 ここから8合目までは残雪を踏みながらの登りになる。ダケカンバの樹林を抜け、空が広がり、御嶽の頭が見えだしてからが結構きつかった。8合目の女人堂で小休止。

 

f:id:ikuyayuuki:20201128081845j:plain

ダケカンバの樹林帯を抜ける

f:id:ikuyayuuki:20201128081850j:plain

御嶽山が見えた

f:id:ikuyayuuki:20201128081854j:plain

雲ひとつない青空

f:id:ikuyayuuki:20201128081858j:plain

乗鞍が美しい


 8合目からは大きな雪渓を登る。天気は雲ひとつない快晴で頂上もすぐ近くに見える。しかしこれが曲者で、歩いても歩いても近づいてこない。5月はまったりテント泊と沢登りだけだったので体がすっかりなまったようだ。立ち止まって息を整える回数が増える・・。

 

f:id:ikuyayuuki:20201128081901j:plain

大きな雪渓を横切る

f:id:ikuyayuuki:20201128081905j:plain

飛行機雲がカッコイイ

f:id:ikuyayuuki:20201128081909j:plain

小屋が見えてきた


 時々は雪渓を離れ、火山岩のごろごろとした登山道を歩く。登山靴の私は雪の上より歩きやすいが、スキー靴のBやんは苦戦しているよう。健脚のはずがなかなかペースが上がってこない。

 

f:id:ikuyayuuki:20201128081913j:plain

時々は雪のない登山道を

 

 傾斜がだんだん立ってきた。登っている時はそれほどでもないが、ここを滑り下りるとなると少しビビってしまう。9合目の小屋は近くに見えているようでなかなか近づいてこない・・。

 

f:id:ikuyayuuki:20201128081917j:plain

ここを滑って行くのか

f:id:ikuyayuuki:20201128081921j:plain

見えてからが遠い


 ふと右側を見るとシール登行で雪渓を上がってきたスキーヤーに追い越される。あんな急斜面をよく登れるものだと感心してしまう。一息つくペースも我々とは全然違い、ほとんど休まず登って行く。

 

f:id:ikuyayuuki:20201128081925j:plain

シールで登るスキーヤー

 

 覚明堂休泊所を過ぎるとますます傾斜がきつくなってきた。気温も上がり雪も緩んできたのでアイゼンを装着する。アイゼン無しでも危険なわけでは無いが、あまりにも疲労が激しいのでスリップを少なくして楽しようという算段・・。あー鈍っているな~。

 

f:id:ikuyayuuki:20201128081930j:plain

こんな角度!

f:id:ikuyayuuki:20201128081935j:plain

高度が上がると疲れるな~


 ようやく二の池分岐に到着。山上のカルデラがまだまだ雪がいっぱい残っていたが、二の池はほんのりブルーになっていて、少し解け始めているようだ。ここから頂上が近いようで遠いんだよな~。

 

f:id:ikuyayuuki:20201128081939j:plain

ようやく二の池分岐

f:id:ikuyayuuki:20201128081944j:plain

ここもスキーヤー

f:id:ikuyayuuki:20201128081948j:plain

二の池の向こうに乗鞍

 

 頂上下の岩陰にスキーとザックをデポして頂上を目指す。時計は既に13時、思ったより時間がかかってしまった。社への石段を登るとようやく剣が峰頂上。一の池、二の池、その向こうの乗鞍岳がよく見える。

 

f:id:ikuyayuuki:20201128081952j:plain

もうすぐ頂上

f:id:ikuyayuuki:20201128081956j:plain

この石段がきつい

f:id:ikuyayuuki:20201128082000j:plain

頂上からの眺め

 

 スキーの場所に戻っていよいよ滑走開始。スキー靴に履き替え、スキーを装着するとなんだかドキドキしてきた。滑れるかなー。最初は二の池方面にゆっくりと下って行く。

 

f:id:ikuyayuuki:20201128082005j:plain

おっかなびっくり(Bやん提供)

f:id:ikuyayuuki:20201128082009j:plain

シュプールを描く(Bやん提供)

 

 最初は腰が引けて、スキーはガクガク・・、心臓はドキドキで汗びっしょり。あー緊張する。それでも数回ターンを繰り返すと落ち着いてきてなんとか二の池のほとりに到着。いったんスキーを担いで乗り越し、登って来た雪渓を一気に下る。

 

f:id:ikuyayuuki:20201128082013j:plain

腰が引けてますな~(Bやん提供)

f:id:ikuyayuuki:20201128082017j:plain

急斜面をそろそろと


 一気に下るというとなんだかかっこいいが、実際はそうではなかった。登りで酷使した足の筋肉が、緊張のせいで必要以上に力のかかる滑走の姿勢に耐え切れず、すぐに痙攣してしまった。立っていることもできず、雪面に寝そべって痙攣が過ぎるのを待つ始末・・。

 

f:id:ikuyayuuki:20201128082021j:plain

Bやんのテレマークと私のスキーベンチャー


 足を騙し騙し下りて行くと、Bやんからホームについての指摘を受ける。なるほど、奥が深いな~。山スキーは登りで体力を使うので、下る時は如何に効率のよい滑りをするかが重要なポイントになっているようだ。これは来シーズンへ向けての課題になるだろう(練習しようっと)。

 

f:id:ikuyayuuki:20201128082026j:plain

Bやんのテレマークターン

 

 8合目には戻らず、ロープウェイスキー場に向かって下りて行く。しかし、樹林帯は木の根元が大きく溶けた穴ぼこだらけで、穴を避けながら滑って行くのはもうタイへン。この辺りは小回りの利くショートスキーでよかったなと思たが、それでも一回は前のめりに穴にはまってしまった。

 

 最後はスキーを外してつぼあしでスキー場まで。スキー場からは登山道を使って中ノ湯まで下るが、これがきつかった。16時半になんとか駐車場に到着。

 

 帰りは渋滞もなくスムーズに帰ることができた。それにしても来年とあきらめてした山スキーのデビューが飾れて本当によかった。来シーズンは技術を磨いてもう少し楽しめるといいな。

 

 長距離の運転とスキー指導ありがとうBやん、またお願いしますね。