晴山雨読記 Vol2

沢登り、雪山、時々山登りの備忘録

大峰 上多古川本谷 沢登り 聖地に至る谷 ① 2022.07.17-18

多古の滝

 

 <メンバー>

鈴鹿ハイキング倶楽部 7名

suzuhaisecure.sakura.ne.jp

<山域・形態>

大峰・沢登

 
<コース:1日目>

駐車地(9:00)~林道終点・矢納谷出合(9:25)~茶屋ン谷出合(10:30)~多古滝(10:40)~洞門滝下(11:00)~幸次郎窟・昼食(11:45~12:20)~煙突滝下(13:40)~多治良淵(15:30)~竹林院谷出合(16:40)~阿古滝谷出合(17:50)泊

 

 海の日の三連休、北アルプス南アルプスへ2泊の沢遠征を企てていましたが、やはり(実質)梅雨は開けていませんでした。

 

 1泊なら何とか行けそうという事で転進先をいろいろ考えた結果、増水しても何とか遡行出来そうな上多古川本谷に行く事に。

 実は上多古本谷は未踏。メジャーな沢ですが、上流の宿坊の影響の話を聞いて今まで何となく敬遠していました。しかし最近の遡行記録も多く、気を付ければ大丈夫だろうと判断。日帰りの記録が多いのですが、泊装備でのんびり行くことにします。

 

  道の駅、川上杉の湯で集合し上多古集落へ。林道の広場のようになった所に車を停め準備をします。他の車は停まっておらず、我々の貸し切りになりそう。

 

今回の駐車地

 

 駐車地から林道終点までは30分弱。阿古滝道へと続く登山道を少し歩いてから谷に降りると天竜滝に行く手を阻まれます。せっかく入渓したけど再び登山道に登り返し巻き。

 

林道終点

天竜

 

 再入渓の後は7~8mの滝が続きます。いずれも直登する気になれず巻き上がります。

 

右から巻いたかな

これも右から

 

 一旦、谷は穏やかになり自然林の美しい森が広がります。木漏れ日が谷を照らし、苔むした白い岩に反射します。とてもいい雰囲気。

 

自然林が美しい

 

 ところが、癒しの風景とは反対に巨岩の間を縫うようなルート取りに時間を取られてしまいます。茶屋ン谷出合までに1時間もかかってしまいました。無事テンバまでたどり着けるのでしょうか・・。

 

ここから行けるんじゃない?

体が引っかかる・・

ここはどうだろう

 

 やっと難所?を潜り抜けると写真でよく見る多古の滝が現れます。ここは右から簡単に超える事が出来ます。

 

多古の滝

 

 続いて双竜の滝(なんか名前がすごいな)。さくっと右から巻きあがると上に洞門の滝が見えます。空から降ってくるような様は圧巻です。なべちゃんは早速滝に打たれています。

 

双竜の滝

洞門の滝が見える

洞門の滝

滝に打たれるなべちゃん

 

 洞門の滝の巻き道は・・と、左岸のルンゼを探りますが行き止まり。滝前の岩場を見ると残置ロープがあります。そこからリッジに取り付き、右岸のルンゼを這い上がるとこれ以外無いって感じで落ち口に出ます。残置がない状態でこのルート見つけ出すのは難しいだろうなあ。

 

滝の前のリッジに取り付き

ルンゼを詰めると

落ち口に出ました

 

 すぐに幸次郎窟の前に出たので昼食休憩。幸次郎窟は底が砂利で埋まっており、思ったよりも威圧感は感じません。奥の滝を覗きにいきましたが、当然登れません。

 

幸次郎窟

幸次郎窟の奥の斜滝

 

 幸次郎窟の巻きは左岸のルンゼからトラバース気味に巻きあがって行きます。要所には赤テープや残置ロープがあって随分助かりましたが、面白さが半減したような複雑な気分です。

 

幸次郎窟の巻き、残置ロープあり

 

 その上は技術的な核心といわれる8mの斜滝。滝の左側を登れるかなと思って近づいてみましたが、ツルツルの上に見た目以上に立っています。泊装備ではとても登れそうにないので右岸の残置ロープのあるところから巻きます。

 

8m斜滝、登れません・・・

 

 この巻きルート、ほんの数メートルですがいやらしい所があったのでロープを出しました。泥の乗った岩壁でホールドが甘く緊張します。

 

巻きルート、ロープを出した

 

 そして煙突滝、深く穿かれたゴルジュの中を40mほどの直瀑が落ちています。ゴルジュの外からは滝の全貌が見えないので、泳いでみましたが釜に阻まれてみる事が出来ませんでした。

 

煙突滝

泳いで覗きにいったけど見えず

 

 巻きは左のルンゼから途中リッジに乗り移ります。角度が立っており右は煙突滝のゴルジュで30mほどの空間が広がっています。万が一落ちると怪我ではすまないのでロープを出して登ります。木の根などが豊富にある為、登り自体は容易。

 

煙突滝の巻き、リッジ部分

 煙突滝の上に降りるのはちょっといやらしい感じがしたので、右岸をそのままトラバースして、その上の滝も一緒に巻きました。すると多納良淵。ここは右から巻きあがります。

 

多治良淵

 

 そこから竹林院谷出合までは平流となり雰囲気のいい森になります。泊地に出来そうな平坦地が二つほどありましたが、なんだか湿っているし薪も少なそうだったので先に進む事にしました。(実は阿古滝谷出合を竹林院谷出合と勘違いしてました)

 

竹林院谷出合付近

 

 竹林院谷出合を過ぎたらもう難所は無いだろうと高を括っていたら大間違い。大きな滝は無いものの、巨岩がひしめく小難しいルートでした。時間がどんどん過ぎていきます。

 

こんな小滝はかわいい

なかなか小難しい・・

 

 阿古滝谷の出合に出たのは18時前。あるはずの泊適地も見つかりません(ここが竹林院谷出合だと勘違いしていた)。ウロウロ探し回り、阿古滝谷の少し上流、右岸に何とか泊まれそうな場所を見つけてタープを張ります。寝床が決まれば一安心、あとは薪を集めて火をつけて、ご飯を食べたら落ち着いてきました。

 

阿古滝谷出合の滝

泊地はこんな感じ

 

 日帰りの記録も多く、初級と思って軽い気持ちで挑みましたがここまで中々苦労しました。久しぶりの泊の荷物も堪えたので、宴会もほどほどにあっという間に眠ってしまいました。

 

<2日目へつづく>

ikuyayuuki.hatenablog.com