晴山雨読記 Vol2

沢登り、雪山、時々山登りの備忘録

鈴鹿 焼合谷 沢登り 2021.05.22

f:id:ikuyayuuki:20210615213848j:plain

初シャワー
 

 <メンバー>

鈴鹿ハイキング倶楽部 5名

suzuhaisecure.sakura.ne.jp

<山域・形態>

鈴鹿沢登

 

<コース>
尾高キャンプ場(8:30)〜入渓(8:50)〜パイプ堰堤(9:00)〜4Mの小滝(9:30)〜3Mボルダリングチックな滝(10:30)〜女郎滝(12:30)〜Ca850二俣(13:30)〜登山道(15:40)〜尾高山(18:30)〜尾高キャンプ場(19:20)

 

 

 北アルプスの天気が悪いので鈴鹿沢登りへ転進。5月に入ってこのパターンは2回目・・。前日に大雨が降ったので雨の後の方が面白い沢へという事で釈迦ヶ岳東面の焼合谷に行く事にします。この谷は10年ぶり2回目。 

 

2011年の記録

ikuyayuuki.hatenablog.com

 

 尾高山キャンプ場に車を停め、林道を少し登って魚止め滝から入渓。水量が多くてすごい迫力です。

 

f:id:ikuyayuuki:20210615213757j:plain

魚止滝でウォームアップ

 

 魚止滝の上はすぐに堰堤になるので、林道に戻って少し歩きます。今度はパイプ堰堤の手前から再入渓。ここから入渓でもよかったかな。

 

f:id:ikuyayuuki:20210615213801j:plain

パイプ堰堤から再入渓

 

 焼合谷は白い花崗岩の明るい谷。下流部は傾斜も緩く開放的な谷です。水は轟々と流れていますが、出て来るのは小滝ばかりなので水線をグイグイ進んで行きます。

 

f:id:ikuyayuuki:20210615213806j:plain

花崗岩の明るい谷

f:id:ikuyayuuki:20210615213810j:plain

水量かなり多め

f:id:ikuyayuuki:20210615213814j:plain

ここの岩があるからね

f:id:ikuyayuuki:20210615213819j:plain

水線をどんどん進む

f:id:ikuyayuuki:20210615213824j:plain

水に入るとニヤニヤするなべちゃん

f:id:ikuyayuuki:20210615213829j:plain

ナメもきれい

 

 途中、3m程の小滝では水線の左を登るのに少し微妙なムーブが要求されます。おちてもドボンなので、各自トライしながら遊びます。

 

f:id:ikuyayuuki:20210615213839j:plain

アンダーがポイントやで

f:id:ikuyayuuki:20210615213835j:plain

トライは3回まで

 

 遊び過ぎて時間を食ってしまったので遡行再開。女郎滝は右からヘツリ気味に越えます。前回の元越谷で沢デビューのみかさんも果敢にシャワーで攻めます。

 

f:id:ikuyayuuki:20210615213843j:plain

女郎滝は右から超える

f:id:ikuyayuuki:20210615213848j:plain

みかさんもシャワー

 

 その後も楽しく小滝を越えて行きます。途中ゴーロがあったり、間延びする区間もありますが、水量が多くて楽しさ1.5倍です。

 

f:id:ikuyayuuki:20210615213853j:plain

どんどん進む

f:id:ikuyayuuki:20210615213858j:plain

傾斜が立って来た

f:id:ikuyayuuki:20210615213905j:plain

標高を上げる

f:id:ikuyayuuki:20210615213909j:plain

右へ進む

 

 Ca850mの二俣、石原谷の右股を越えて安易に釈迦ヶ岳東尾根に取り付こうとしましたが、CSの滝に阻まれて断念。中間尾根を巻き上がる作戦に変更したところ、これがドツボにハマります。ロープを出さないと厳しい泥壁や笹藪漕ぎに難儀し、登山道(釈迦ヶ岳東尾根)に出たのは15時を回ってしまっていました。

 

f:id:ikuyayuuki:20210615213913j:plain

標高850m右股のCSで行き詰まる

 

 それでも後は登山道、踏み跡を辿れば余裕で下山出来ると思っていたら、ありとあらゆる所に着けられたテープに惑わされ、北の支尾根に入り込んでしまっていました。修正する為に30分の登り返し・・。尾高山ではすっかり夕方に・・・。

 

f:id:ikuyayuuki:20210615213920j:plain

釈迦ヶ岳東尾根は曲者だった・・・

f:id:ikuyayuuki:20210615213924j:plain

尾高山(何とか明るいうちに・・・)

 

 幸い日が長かったのでギリギリヘッデンのお世話にならずに林道に出る事が出来、あとはキャンプ場の灯りを頼りに車まで。鈴鹿の初級沢で行動時間10時間越え・・ちょっと舐めていました。(すいません・・・)

 

 それでも焼合谷は水量が多いせいもあり楽しいシャワークライミングが楽しめました。もっと遡行されても良い谷だと思います。

 

 参加の皆さまお疲れ様でした。