晴山雨読記 Vol2

沢登り、雪山、時々山登りの備忘録

鈴鹿 赤坂谷からツメカリ谷周遊 沢登り 増水気味の鈴鹿ゴールデンルート 2019.07.15

f:id:ikuyayuuki:20190819234623j:plain

夏はこれだね

<メンバー>

鈴鹿ハイキング倶楽部 8名

suzuhaisecure.sakura.ne.jp

 

<コース>

林道ゲート(8:00)~発電所横・入渓(8:30)~仙香谷出合(9:40)~赤坂谷出合(12:00)~大滑の上・昼食(12:30~13:40)~乗越し開始(13:45)~ツメカリ谷(15:00)~ツメカリ谷出合(16:05)~遡行終了林道を目指す(17:10)~林道ゲート(18:50)

 

今回の駐車地

 

  三連休最終日は何とか天気が持ちそうなので鈴鹿の赤坂谷ツメカリ谷に出かける事に。神崎川キャンプ場の近くに車を停めてゲートから歩きだす。約30分程で発電所へ行く分岐に出るのでそのまま進み、発電所脇から入渓。

  

f:id:ikuyayuuki:20190819232325j:plain

駐車地から国道を少し歩いてゲートまで

f:id:ikuyayuuki:20190819232329j:plain

ゲート(沢屋に開かれる事は無い)

f:id:ikuyayuuki:20190819232334j:plain

神崎川発電所

f:id:ikuyayuuki:20190819232338j:plain

発電所の脇から入渓

 雨 上がりは水量が多いのでコース取りも苦労するが、これもまた沢の楽しさ。ほどなく最初の淵に到着。まずは泳いでロープを引き、後続にはロープを手繰って進んでもらう。

f:id:ikuyayuuki:20190819232348j:plain

協力しながら進む

f:id:ikuyayuuki:20190819232355j:plain

最初の淵

f:id:ikuyayuuki:20190819232402j:plain

まずは泳いで

f:id:ikuyayuuki:20190819232410j:plain

後続はロープを手繰って

 飛び石をしたりスクラム渡渉をしたりで何とか仙香谷出合に到着。水流は相変わらず多めでいつもより水に浸かりながら進んでいく。

f:id:ikuyayuuki:20190819232420j:plain

飛び石

f:id:ikuyayuuki:20190819232424j:plain

スクラム渡渉

f:id:ikuyayuuki:20190819232430j:plain

仙香谷に入る

f:id:ikuyayuuki:20190819232438j:plain

右から簡単に越える

f:id:ikuyayuuki:20190819232442j:plain

水流左から

 釜を持つ8m滝は定石通り泳いで滝の横のリッジに取り付き、その上の滝は左岸のバンドをトラバースし水流左を直登する。

f:id:ikuyayuuki:20190819232448j:plain

泳いで取り付く

f:id:ikuyayuuki:20190819232458j:plain

バンドを伝って

f:id:ikuyayuuki:20190819232507j:plain

シャワー!

f:id:ikuyayuuki:20190819232516j:plain

シャワー!

 いつもは簡単に巻く滝も今日は滝下に潜り込んでシャワークライミング。水の勢いが強く頭を押さえられて少し焦った。

f:id:ikuyayuuki:20190819232521j:plain

滝の下に突入

f:id:ikuyayuuki:20190819232525j:plain

無事通過

 昼食は大滑の上でソーメンを作る。ガスの出力が弱くなかなかお湯が沸かなくて時間がかかってしまった。今日は曇っていて肌寒いので温かい汁で食べたらおいしかった。

f:id:ikuyayuuki:20190819232530j:plain

大滑が現れた

f:id:ikuyayuuki:20190819234538j:plain

大滑も迫力

f:id:ikuyayuuki:20190819234543j:plain

お昼は温かいソウメンで

 ツメカリ谷への乗り越しは大滑の少し上の支谷から。支谷左岸の薄いふみあとをたどり尾根に上がると明瞭な杣道が現れる。杣道を注意深く辿りツメカリ谷側に降りて行くとビールケースの散乱した昔の飯場跡に出る。そこから支谷に沿って下って行くと簾滝のすぐ上でツメカリ谷に出合う。

 ツメカリ谷下降のゴーロ歩きが短縮できるが、尾根の太い部分を超えるので乗り越しに少し時間がかかる。もう少し上流で乗り越すのもいいかもしれない。

f:id:ikuyayuuki:20190819234550j:plain

少し遡って

f:id:ikuyayuuki:20190819234559j:plain

支流に突入

f:id:ikuyayuuki:20190819234604j:plain

飯場

 ツメカリ谷の下降は恒例のダイブ大会。最初に釜の中に流木や岩が無いか確認してから飛び込む。やっぱり楽しい。

f:id:ikuyayuuki:20190819234609j:plain

簾滝ダイブ

f:id:ikuyayuuki:20190819234617j:plain

この人は良く飛ぶ

f:id:ikuyayuuki:20190819234623j:plain

新人ちゃんもダイブ

f:id:ikuyayuuki:20190819234631j:plain

ゴルジュ出口の滝も

f:id:ikuyayuuki:20190819234636j:plain

ダイブ

f:id:ikuyayuuki:20190819234642j:plain

そろっと巻き下る

 本流下降は流れにのってドンブラコと行きたいが水流が強いので注意が必要。不用意に流されたら岩にぶち当たって怪我をしてしまう。流れるのは瀞場オンリーで慎重に下り、S字峡は左岸から大巻きした。

f:id:ikuyayuuki:20190819234647j:plain

本流に出た

f:id:ikuyayuuki:20190819234654j:plain

ドンブラコ

f:id:ikuyayuuki:20190819234658j:plain

S字峡は泡立っていた

f:id:ikuyayuuki:20190819234706j:plain

流石にこれは無理

f:id:ikuyayuuki:20190819234718j:plain

こういう所は大丈夫

f:id:ikuyayuuki:20190819234723j:plain

集合写真を忘れていた

 時間も押してきたので最後の滝場を超えたら取水堰堤まで下らず林道に上がる。あとは林道をテクテク歩いてゲートまで。うーん、今回も10時間以上も遊んでしまった。 

f:id:ikuyayuuki:20190819234728j:plain

最後の滝

f:id:ikuyayuuki:20190819234733j:plain

ここもダイブ

f:id:ikuyayuuki:20190819234740j:plain

遊び疲れました

 赤坂谷、ツメカリ谷の周回ルートはちょっとした滝登りあり、泳ぎあり、飛び込みありで尾根の乗越しには地図読みありの完成度の高い楽しいコース。今年も大いに楽しめた。

 

 できれば太陽がサンサンと降り注ぐ天気で思い切り水と戯れるのが良かったんだけど。

 

 参加の皆さんありがとうございました。